アストンマーティンの高価買取のポイント

アストンマーティンの歴史

アストンマーティンのロゴ

出典:https://plus.google.com/u/0/photos/107924826367458444749/albums/profil

アストンマーティンは設立されてから100年ほど経っているイギリス日本車のある自動車メーカーです。
高級車として或は007のボンドカーとして名高く、セダンタイプやクーペタイプも販売していますが、オープンカーも人気を博しています。一時、経営難に陥りましたが現在は安定して新モデルをデリバリーしています。

新車の価格帯については、外国車自動車メーカーの中でも高額です。V8ヴァンテージの1700万円台からヴァンキッシュヴォランテの3500万円台まで、限られた顧客を対象にオーダーメイドに近い販売方法を続けています。

中古車市場においても、アストンマーティンは「フェラーリやランボルギーニでは飽き足らない」或は
「人とは違う趣味の良いスーパーカーに乗りたい」ユーザー層を中心に、根強い人気と憧れの対象となっています。
日本ではフェラーリやランボルギーニほど認知度が高いメーカーではありませんが、熱心なファンの数は多く、中古車を欲している人もいるので、売却をする際には高価買取の可能性もあります。

アストンマーティン

出典:https://plus.google.com/u/0/photos/photo/107924826367458444749/6247466508513524674

アストンマーティンは高価買取?

上記したようにアストンマーティンは高級車であり、また潜在的な憧れを抱いているユーザーは多くいます。
ただし、実際に購入に移る人は限られていますので安定して高価で売却できるとは限りません。また、
車種やグレードにより新車価格と買い取り価格の差が大きくなるのも、「買い手が限られた高級車」の
宿命です。
一括査定等でFC店を何社も呼んでも、具体的な価格提示すら受けられずに無駄な時間を過ごしてしまう事例も多く見られます。アストンマーティンの価値を分かっていて、その価値を反映した価格で買取してくれる業者を探し出しましょう。
現在、中古車として動きが良くまた価格も安定しているのは、

~800万円くらいまでのヴァンテージ
~1000万円までのDB9


などで、ロードスターよりもクーペの動きが良く、結果として新車価格と買い取り価格の差も少なめです。
MTは少数であり買取店によっては安く査定されますが、「この価格帯のアストンマーティンの売り方を
知っている買取店なら高く買えます!」ご安心を!
価格帯からお分かりのように、年式も最新よりは2009年くらいまでのモデルが需要と供給のバランスが取れており、売り手のニーズに近い金額での買取が可能です。また、このゾーンの特徴として「白黒以外の車でも高く売れる」ということがあります。反面、1000万円超えの車種についてはボディカラーが白や黒系の方が高く売却できる傾向が強くなります。
DB7を始めとして旧モデルについては、乗り手の想像以上に高く売れる場合があります。この場合の
ポイントは「たくさんの店に査定に出すのではなく、アストンマーティン旧車の価値を知っている少数の店と交渉する」ということです。

高価買取を狙いたい

出典:www.astonmartin.com

スピード査定依頼はこちらから

お名前必須
都道府県必須
メールアドレス必須
メーカー必須