輸入車や希少車を売却するとき起こり得るトラブル

契約後に査定額が下がる

輸入車や希少車を売却する際に起きやすいトラブルとしてまず考えられるのは、契約後に価格を下げられるというトラブルでしょう。
契約前に、「この金額なら」と愛車を手放したにも関わらず、後から「やっぱりこの値段で」と勝手に訂正されるケースです。
再査定で価格が下がる理由には、以下のようなパターンがあります。
・契約時には分からなかったけれど事故車だった
・契約時では分からなかった傷が見つかった
・走らせて見たら不具合が見つかった
などです。
特に一括査定で車を見せると殆ど試乗をすることはありませんし、フランチャイズ店等で売却する際には 契約前に試乗をする担当者は稀れです。そのような場合、仮に試乗すると問題のある車だった場合は?
と考えていただければ、「再査定」の余地を残したまま愛車を売却することに他なりません。
出張買取の場合、査定する場所によっては下回りなどのチェックが物理的にできない場合もありますが、
実際には査定スキルが身についていない査定マンが買取に来る場合も少なくありません。

これだけでも売主にとって非常に迷惑な話ではありますが、もっと悪質な業者もいます。
買取時に価格査定ができない人間が見積りを出したと言い訳したり、もともと綺麗だったにもかかわらず再査定の際に傷をつける業者もまったくゼロではありません。そんな事例は極端としても、
更に、電話(メール)で「~円以上は保証しますが、出張買取はしていないので車を持ちこんでください」
と言われ、時間と労力を費やしてもそれに見合う金額が受け取れると踏んで持ち込んだら、電話での査定額よりもかなり低い金額を提示されたという事例です。
メールで車の写真を送って査定して貰うという場合も同じようなトラブルが考えられますので、メールや電話など「実物を見ていない状態での査定は確実ではない」と考える方が無難と言えます。

輸入車や希少車を売却するとき起こり得るトラブル

車を売ったのに入金されない

査定額を下げられるどころか、車を手放したにもかかわらず手元にお金が振り込まれないケースも稀にあります。
輸入車や希少車の売買の多くは高額になりますので、業者により現金払いと銀行振り込みに分かれます。
大手FC店を始め後日振り込みでの買取を行っている場合、システム上の理由で後日振り込みと説明される
ことが多いですが、実際には「振り込みまでの時間で車を再チェックする」ことも理由になっていることが殆どです。
車をだまし取るような犯罪行為は少ないものの、商談時に曖昧な話をされたうえで「後日入金日を確認したら数週間後だった」と言う事例も時々耳にします。
ローン中の車の場合は、ローン残高や引き落とし日の関係で決済日が翌月になるパターンもあると思いますが、本人所有の車であれば通常は数日以内に支払い完了となります。
あるいは「委託販売」で車を売却したところ、「転売先からの入金が無いため支払えない」という回答で入金が無い、
というパターンなども時々聞かれます。
・本人所有の車なのに支払日が数週間後になる
・委託販売での支払い条件が曖昧
などの場合は、契約時に支払い内容を明確にしておく必要があります。

このように、輸入車や希少車を売却する時には注意しなければならない点がたくさんあります。

LEMON BUSTERSでは売主様のちょっとした疑問や質問も受け付けておりますので、不安な点がありましたら是非お気軽にご連絡ください。

スピード査定依頼はこちらから

お名前必須
都道府県必須
メールアドレス必須
メーカー必須