AMGの高価買取のポイント

AMGの概要

AMGは1967年にレースカーを主とするエンジンの設計会社として設立しました。
その名前の由来は、二人の創立者Aufrecht(アウフレヒト)とMelcher(メルヒャー)、故郷の地名Grosaspach(グローザスパッハ)のそれぞれの頭文字です。
メルセデス・ベンツの中でもモータースポーツに特化し、ハイクラスで高性能なモデルが多いことも特徴です。
カーレースで重要なセーフティーカーやメディカルカーの生産も行っており、AMGはモータースポーツ界になくてはならない存在となっています。

2000年代前半までは排気量を増やしてパワーを上げていましたが、旧型W221Sクラスの後期以降、排気量のダウンサイジングとターボ化でパワーと燃費を両立させています。

参照元:E500
http://www.carstreetjournal.com/car-pre-amg-era-knew-about-w124-500e/

AMGの買取相場

1994年に発売された「C36」から量販車として販売が開始されたAMGですが、ベース車両とはエンジンは元よりスタイル・内装ともに一般グレートの差別化は顕著で、中古車相場も高額なのが一般的です。
ただし、現行モデルを含め新車価格からの値落ち幅は大きめで、コンディション以上に色によるリセールの違いが目立ちます。
一部の車種を除き、近い将来でのプレミアが付くことは考えづらい為、今後も値落ちは順当に進むと考えられます。
量販以前のモデルに関しては、ここ数年の旧車価格の高騰とも相まって買取相場も数年前よりも上がっている場合が多いので、今の時期でのご売却をお薦めします。

参照元:w222
http://www.autoevolution.com/news/the-s-63-amg-w222-is-explained-in-detail-by-mb-usa-video-68689.html

まずはお問い合わせ下さい!

車種ごとの買取相場

GT・SLSなど

GTは限定販売だったので相場は安定しています。SLSは高年式高額車らしく順当に値落ちしています。将来的なプレミアが付くとしても5年10年先と思われ、新車価格より高額になることも考えづらいのでご売却はお早目に!

Sクラス

■W222
人気は高いものの価格の下落は大きめです。ご売却はお早目に!

■W221
S63ビターボを始め、後期モデルは高値安定です。前期は値落ちが目立ちますので、ご売却はお早目に!

■W220
走行距離の少ない後期モデルは安定しています。前期は底値に近い状態です。

■W140
今年に入りV12モデルを筆頭に価格が上がっており売り時です!

■W126
絶版車としての価値が上がっており、状態による価格差は大きいですが売り時です!

Gクラス

現行モデルからマイチェン前のコンプレッサー付きのモデルの価格は安定しています。色は白黒に人気が集中していますが、希少色の場合も高価買取が可能です!
また1990年代のモデルも直6エンジン搭載のものを中心に高価買取が可能です!

SLクラス

■R231
人気は白黒に集中しており、1000万円を割る価格帯までの値落ちが早いのが特徴です。ご売却はお早目に!

■R230
白黒の人気が高いのはR231と同じですが、希少色は高価買取が可能です!

■R129
今年に入りV12モデルを筆頭に価格が上がっています!V8モデルも含め、専門知識のある弊社にお問い合わせ下さい!

■R107
絶版車としての価値が見込め高価買取が可能です!条件と査定する側の知識により買い取り額に大きな差が出ます。

Eクラス

■W212
色は白黒が高額になるのは他のグレードと一緒ですが、シルバー など他の色でも高額買取が見込めることがあります。価格の値落ちは早いので早目のご売却をお勧めします。

■W211
全体的に値下げ傾向ですが、特別限定の車やエンジンまで変更されたコンプリートカーは、低走行の個体を中心に独自の相場を形成しています。画一的な査定で満足のいかない方は、お気軽にお問い合わせください!

■W210
前期後期問わず、6リッターエンジンなど特殊な車を除き価値は落ちています。左ハンドルの車は低年式・過走行でも下げ止まりがあります。

■W124
V8エンジン・直6エンジンを問わず、高価買取が可能です!色よりもコンディション重視で買い取ることが可能ですので、画一的な査定にご満足いただけない方はご相談ください!

上記以外のAMG全般

ブラックシリーズなど、今後も特別な相場で推移することが見込まれます。ただし年式ごとの値落ちは順当に進むはずですので、良い条件で売却が可能なタイミングで手放すことをお勧めします!
高年式の車は各グレードともに、白黒とその他の色で価格は大きく違ってきます。オプション・パッケージにより、その他の色でも高価買取は可能になりますのでお気軽にご相談ください!
2005年前後より古い車は、走行距離の少ない車を中心に一般的な相場より高額買取が可能になる場合があります。また、2000年以前の車の場合、左ハンドルの方が高い車種が増えます。
1990年代前半以前は190シリーズなど一部の車種に限られますが、色による価値の違いは殆どありません。高価買取が可能な場合が多いので、画一的な査定にご満足いただけない方はご相談ください!

まずはお問い合わせ下さい!

スピード査定依頼はこちらから

お名前必須
都道府県必須
メールアドレス必須
メーカー必須