輸入車や希少車を売却するとき起こり得るトラブル

ベントレーについて

ベントレー

出典:https://www.bentleymotors.jp/Corporate/display.aspx?id=1&c_id=101

ベントレーは日本では一般的に馴染みがありませんが、多くの人が高級車だということは理解していることでしょう。
設立されて90年以上の歴史がありますが、実は比較的早いうちに経営上の不安が発生して、結果的にロールスロイスに買収されました。ロールスロイスと双璧をなす高級車というイメージを持つ方も多いはずです。
その後はイギリスの国有化企業になりましたが、今はフォルクスワーゲングループに属しています。
ル・マンに出場したり、イギリス王室の専用車を製造したりなど、様々な経験を経て、今に至っています。
最近コンチネンタル GTスピードが発表され、時速331キロでの走行を達成したと話題になりました。
ベントレーならではの重厚感も残しつつ、先進的なデザインを取り入れており、世界のミリオネアを含む
限られたカスタマーに愛されています。
中古車市場に於いても圧倒的な存在感とパフォーマンスは健在で、カスタムベースとなる場合も含め独自の
ユーザー層を確保しています。

輸入車や希少車を売却するとき起こり得るトラブル

出典:https://plus.google.com/u/0/photos/110152666179142061436/albums/profile/59976123

せっかく売却をするなら高価買取を狙いたい

高価買取を狙いたい

大切に乗ってきたベントレーですから、売却をするなら少しでも高く売却してくれるショップを見つけ出したいです。
年式・グレードにより相場の安定している場合もあるものの、絶対数が少ないこともあり正確な買取金額を聞く
事ができない買取店も多いようです。「一括査定に出したら、半数以上の業者が価格を出せなかった」という
話もたまに聞かれます。具体的な条件提示ができない業者(あるいは担当者)で有っても連絡は頻繁に来ます
から、時間を大切にしたい方に一括査定は不向きです。
過去の買取実績を載せているところもありますし、基準などを掲載しているケースもありますが、まずは電話
(あるいはメールで有っても)で問い合わせたときに、概算でも具体的な買取金額を提示してくれるところを選ぶことで、ベントレー買取にあたっての最低限の知識と買う気のチェックはできるはずです。
おおまかな買取相場としては、1500万円前後と500万円前後に価格の安定するゾーンがあり、そのゾーンまでの値落ちは順当に進む傾向があります。また高年式においては、ボディカラーで白(パール含む)や黒の人気が
突出し他の色の買取が安くなる傾向が強く、2000年以前のモデルにおいてはボディカラーよりも希少性やコンディションが高価買取のポイントとなります。逆に言えば、例えば1990年代のコンチネンタルなどにかかわらず「ボディカラーが白じゃないので査定が下がります」と言われることがあれば、ベントレーに詳しくないか安く買い取りたいだけなのか、という目安にもなる場合もあるはずです。

ベントレー

出典:https://plus.google.com/u/0/photos/photo/110152666179142061436/5922407602405700322?authkey=CNmTmq6r2PyVbA

スピード査定依頼はこちらから

お名前必須
都道府県必須
メールアドレス必須
メーカー必須