傷が付いている場合の高価買取のポイント

修理の費用対効果を考える

傷がついている自動車の高価買取の第一のポイントは、
修理の費用対効果を考えることです。
自動車を売却する場合、当然、傷があるとマイナス査定になります。
そのため、見て直ぐに分かるような傷の場合は大きなマイナスになるので、
傷を修理してから査定に出すと考える方もいますが、
その場合の費用対効果も考える必要があります。
例えば、傷の修理に10万円もかかるとします。
傷を修理すれば、査定額もアップします。
しかし査定額が7万円しかアップしない場合、3万円を損したことになります。
他方で、 傷の修理に3万円しかかからないのであれば、修理した方が得です。
レモンバスターズでは、現在付いている傷の状態と直した場合の費用対効果まで、
お客様の立場に立って相談に乗らせていただきます。

傷があることを自己申告する

傷が付いている自動車の高価買取の第二のポイントは、
傷があることを自己申告することです。
査定士はプロの目利きで、過去に数百、数千の車を査定してきた経験者ですから、
小さな傷でも見逃しません。
従って、傷がある場合はこちらから自己申告したほうが、
査定士に対してもよい印象を与えることができます。
逆に何も言わないと、スキルの高い査定士が確認して事実がわかった場合の印象は良くないことは
もちろん、申告がなければ見落としをしてしまう程度の査定しか行わない店舗に売却した場合、
契約後の再査定によって買取金額が変わってしまう事例も見られます。
従って、傷や事故歴、修理歴などのネガティブ情報は、
正直に自己申告した方がいいでしょう。

一括査定の落とし穴

高価買取のポイントとして、
一括査定を使って複数の会社に査定を依頼することが挙げられますが、
実際は1社の事故車判定が全ての会社に影響したり、
一番高いと思い契約をしたら、査定マンが見落としをしたり、引渡し後に試乗チェックをされた等の
「契約後の再査定」によって値段が低くなり、
結果として安い金額での売却になるという事例もございます。

特に高級車や希少車の場合は、車そのものの価値が高いにもかかわらず
他社の査定額と照らし合わされたり、
時には査定マン同士が談合して、
本来の値段よりも低く買い取られてしまう、ということもあります。
満足の行く買取金額は、多数の買取店に査定依頼したからといって得られるとは限りません。

レモンバスターズには、
中古車の査定件数約4000件(うちフェラーリ350件)や
ユーザー買取台数約3000台(契約書取り交わし実績)など
豊富な商談実績があります。
買取りから乗換え、相場のレクチャーまで、すべてマンツーマンで行います。
レモンバスターズは、ショールーム等に余分な経費をかけていない分、
ギリギリまでの高値で自動車を買い取らせていただくことができるのです。

スピード査定依頼はこちらから

お名前必須
都道府県必須
メールアドレス必須
メーカー必須