水冷でも高価買取が期待できるポルシェ

ポルシェ911の水冷と空冷の違い

ポルシェ911にはエンジンの冷却方法によって、空冷と水冷の二種類あります。
冷却水でエンジンを冷やすものが「水冷ポルシェ」で、エンジンを直接空気で冷却する方式を採用しているのが「空冷ポルシェ」です。
この両者は冷却方法が異なるだけでなく、メンテナンスや乗りフィーリングにも大きな違いがあります。
ポルシェ911は初代から993型までは空冷でしたが、モアパワーのニーズと環境への配慮などにより996型以降に水冷方式が発売されました。

ポルシェ911の水冷と空冷の違い

絶版モデルとして価値が高く、メンテナンスや維持費が大変な空冷

空冷エンジンは水冷よりも単純な造りで製造コストも比較的安価でエンジンも頑丈ですが、メンテナンスなど維持費がかかりやすいというデメリットもあります。なぜなら、空冷は水冷に比べ油温が高くなるため、オイル交換のインターバルが短い傾向にあります。またエンジンオイル自体も消耗され、一般的には1000kmで1リットルのオイル補充が必要とされています。水冷と比べるとメンテナンスに非常にコストがかかってしいます。さらに空冷モデル特有の「エンジン本体からのオイル漏れ」というトラブルは、およそ5万キロから10万キロの周期でエンジンのオーバーホールを必要とされてきました。
また、空冷は燃焼温度や排気ガス温度を一定に保つことが難しいため、排気ガスの規制にも引っかかりやすいという側面もあります。
このようにメンテナンスや維持に一定の手間のかかる空冷911ですが、アクセルの動きに忠実に反応するエンジン特性と加速フィーリング、空冷エンジンならではの乾いたサウンドを生み出し、他のメーカーのどの車でも味わえないポルシェ911だけの個性として、初代ナローの誕生から50年たった今でも大勢のファンを魅了しています。
もちろんメカニズムだけに限らず、空冷モデルのスタイルも人気の要因となり現在の市場価値は形成されています。

絶版モデルとして価値が高く、メンテナンスや維持費が大変な空冷

水冷でも高価買取が期待できる911

一時期、空冷モデルの人気に比べ値落ちの大きいイメージの強かった水冷911ですが、一部のグレードを中心にここ数年で価格の上昇している車種が増えています。代表的な例がGT3であり、続いてターボ、さらにMT搭載車ということになります。タイプ別に見てみると、

タイプ991
今年はマイナーチェンジでダウンサイジングターボ化など大幅な変更が行われ、初期モデルは一定の値落ちは避けられません。これはGT3やターボについても同様です。将来の価値の上昇は先の話になるでしょうが、MC後モデルのデリバリーが限られているため、今なら高価買取が可能な場合があります。カレラについては中古車の絶対数も多いため、限定車/オプションが特別な個体/極端な低走行車を除いては早目のご売却をお勧めします。
具体的な価格はコチラ

タイプ997
ターボ・GT3の買取相場は安定傾向になっています。ただし後期のPDK搭載モデルについては、価格帯が高い反面希少性がそれほど高くは無いため、店頭相場と買取相場の幅は大きめです。前期のティプトロ搭載モデルやMT車については、一定の価格帯からの値崩れは起きにくく売り手にとっての高価買取も期待できます。カレラやカレラSは昨年春以降、過走行車や修復歴車を除いて安定した買取相場を維持してきましたが、ここ1~2か月で下落傾向にあるので、早目のご売却をお勧めします。
具体的な価格はコチラ

水冷でも高価買取が期待できる911

タイプ996
ここ数年で価格の上がった筆頭はGT3です。特に後期モデルは個体数も少ないため高価買取が可能です。前期モデルも3~4年前の販売価格で売却できることもあるくらいです。修復歴が有っても減点幅は少なめです。ターボも値上がりまではいかないまでも、3~4年前と変わらない相場を維持しています。中でもMT車はティプトロ車との価値は逆転した感があり、高価買取が期待できます。カレラはコンディションや色により価値の違いはあるものの、993以前の911の例にならいMT車や希少色車の価値が上がる傾向があります。
具体的な価格はコチラ

輸入車・希少車・スーパーカーの高価買取なら、車種の価値がわかるLemonBustersにご相談ください。