アウディの高価買取のポイント

アウディの詳細と歴史につい

アウディは日本でも特に人気がある外国車メーカーで、1900年代初頭から自動車製造をはじめ、瞬く間に有名なメーカーになりました。
メーカー設立当初から紆余曲折あったのですが、ユーザーが求める品質を提供していたこともあり、各国で注目される存在になりました。
しかしその後様々な理由でアウディブランドの車の販売が行われなくなりましたが、1960年代に無事復活を果たし、それ以後は順調に自動車開発や販売を行っています。
ですが復活を果たす前にフォルクスワーゲンの傘下に加わっており、今でもフォルクスワーゲングループの会社です。
そしてアウディのロゴマークと言えば、誰もが一度は見たことであろうフォーリングスです。
このフォーリングスは4社のメーカーの思いが詰まっていることを表しています。
ドイツ車らしい品質レベルが非常に高い自動車を製造していて、A1から始まるセダン・ハッチバックから、SUVのQシリーズあるいはスーパースポーツのR8に至るまで、多種多様な形状の車を生み出しています。

アウディの詳細と歴史につい

出典:https://plus.google.com/u/0/103013154367141332803/posts?pid=6252215444315974530&oid=103013154367141332803

アウディ車を高価買取してもらう方法について

アウディは新車販売台数も多く、中古車市場でも安定した人気を誇っていますから、乗っているアウディを手放す場合、少しでも高価買取してほしいと思うのが当然でしょう。
人気もあり市場価格も安定している場合、一括査定に出すのも一部の車種では有効です。特にベースグレードで色もスタンダードであれば、各社提示できる価格は多くは変わらない場合がほとんどです。
そのうえで、支払方法を含め安心して取引できる業者かどうかを判断するだけです。

アウディ車を高価買取してもらう方法について

出典:https://plus.google.com/u/0/103013154367141332803/posts/PN25SpsEm4W?pid=6263382985149339170&oid=103013154367141332803

ただしR8・RSシリーズなど特殊な車や限定車の場合、輸入車に精通した買取店と交渉をした方が満足のいく取引ができやすくなります。

車種ごとの高価買取ポイント

A1・A3 ボディカラーは白と黒が人気です。ただしビビットな希少色も高価買取できる場合があります。また限定車やレザーシート付きなど、プラス評価が可能です。
S1・S3・RS1・RS3など具体的な価格帯はコチラ

A1・A3 ボディカラーは白と黒が人気

出典:http://audiwp.blog.fc2.com/blog-entry-474.html

A4・A5 ボディカラーは白と黒が人気です。Sラインやレザーシート付きは高価買取が可能です。カブリオレは低走行な個体を中心に希少色も高価買取が期待できます。
S4・S5・RS4・RS5など具体的な価格帯はコチラ

A6・A7 ボディカラーは白と黒が人気です。Sラインやレザーシート付きは高価買取が可能です。オールロードクワトロは、旧型の場合イメージカラーのグレーも高価買取可能です。
S5・S6・RS5・RS6など具体的な価格帯はコチラ

A8 ボディカラーは白と黒が人気です。また大径アルミホイールやメジャーなメーカーのエアロなど、カスタムは加点できます。2010年以前のモデルは左ハンドルの方が高価買取が可能です。
S8の具体的な価格帯はコチラ

TT ボディカラーは白と黒以外に希少色も高価買取が可能になる場合があります。また「Sライン+本革シート」など、設定が珍しい組み合わせの場合はプラス査定です。
→具体的な金額はコチラ

R8 クーペ・スパイダーともにボディカラーは白と黒が人気ですが、初期モデルは希少色も高価買取が可能になる場合があります。また、ガヤルドエンジンのV10の人気が高いので高価買取が可能です。
R8の具体的な金額はコチラ

R8 クーペ・スパイダーともにボディカラーは白と黒が人気

出典:http://221616.com/car-topics/corism_tag-118866