フェラーリ高価買取のポイント

フェラーリ高価買取のポイント

スーパーカーの売買で特徴的なのは、クラブの仲間や紹介での個人売買が
他の車種より多い傾向があります。
高額車ゆえ、店頭価格と買取相場の差が大きいため、
売り手と買い手双方のメリットになりやすい利点があります。
反面、他に良い方法があっても相談した相手によっては断りづらい、あるいは
自分の意向が反映されないまま話だけが進んでしまう、などの声も聞かれます。
またスーパーカー専門店に委託販売に出したものの、
希望する買取金額に満たないまま半年・1年と
販売店に在庫して展示されている事例も多く見られます。

 

フェラーリ特集!!

<全体の傾向> 旧モデルを中心に一部の車種で高騰が続いていますが、
不確定要素が強く早目のご売却をお勧めします。
輸出がらみで値段が上がっている車の場合は、
修復歴車や色替え車よりは走行距離が多い車の方が価値がつく傾向があります。

308

GTB/GTSともに高騰しています。修復歴があっても仕上がりが良ければ高値も可能、ご売却はお早目に!

328

走行距離が少ない後期のモデルは1000万円超えも見込めます。ご売却はお早目に!

348

TS/TBともにここ半年の値上がりが目立ちます。パーツの欠品が出始めているので、早目のご売却をお勧めします。

355

無事故・低走行・MTの価格は安定しています。修復歴・過走行・F1・スパイダーは値落ちが目立ちますが、程度が良ければ高価買取が可能です!
色よりも程度が反映された買取が可能です!

360

1年前からの価格上昇は今年の先月から止まりましたが、MT・F1ともに走行2万キロ台までの車は安定しています。
特にMTは高評価です。ただし過走行・修復歴車は極端に価格が落ちますので、個別にご相談ください。

430

走行10000万キロ前後は価格も安定しています。
F1・MTの価格変動に大きな違いはありません。360と同じく、スパイダーは高評価です!

458

高年式車全体の傾向として、価格は順当に寝落ちしています。
スパイダーの価値が高く、色による価格差が大きいのは他メーカーの高年式高額車と同じ傾向です。

テスタロッサ

今年に入り価格の上昇が顕著です。
前期から後期まで一気に上がった感が強いので、永久に上がり続けない限りは
下降に転じるリスクはあります。ご売却はお早目に!

512TR

今年初めに業者オークションでも極端に高い落札が続きましたが、4月に入りいったん落ち着きました。本来は1、2万キロの車に付く価格が、過走行や状態が良くない車に付いていたのが特徴です。ご売却はお早目に!

512M

最高値で買い取らせていただけるお車です!ご売却はお早目に!

599

価格は2年前くらいから比較的下げ幅が少なく、下げ止まり感があります。白黒と他の色との格差が大きく、修復歴車や過走行の値段が極端に安くなる傾向があります。

カリフォルニア

色よりも状態重視の傾向が見られますが、修復歴車の価値が極端に安くなるのは他の高年式車と同じです。

575/550
マラネロ

今年に入り価格が急激に上がりました。比較的高年式ながら旧車並みの上がり方をしたのが特徴ですが、その分短期で値下がりも考えられます。ご売却はお早目に!

モンディアル

他のメーカーも含めた最近の旧車相場の高騰とは離れ、相場は一向に上がらずむしろ下がっています。個体の良さを適正に見極め高値で買い取らせていただく努力をします。

F40/F50

2年前の約2倍の相場になっていますが、元々の価値を考えれば適正とも言える状態かもしれません、